インフォメーション

2020 / 09 / 06  04:23

9月の展示  第19回 淡彩画の会「土筆」作品展

9月1日〜30日(営業日18時迄/30日は15時迄)

 主催:淡彩画の会

コロナ禍の渦のなかにあって、モチーフを探しに外出するのが困難な時期であるのだろう。今回は作品の多くが花や果実を題材としていた。しかし、制約はそれぞれの個性を育て、それを際立たせる。たとえば、同じあじさいをモチーフにしていても、光の当て方も色調も違う。淡彩画というジャンルの幅の広さ、深さを示して見せる。個人の自由と権利を愛し尊重する指導者・徳丸達也氏の「もっと自由に、もっと愛を」というメッセージが聴こえてくるような展観。土筆の会に集うひとりひとりも自由や愛を模索する。ツクシは小さくてもそれぞれに根は深いし、生薬にもなるのだ。だれも踏みつけられたことのない人なんかいない。踏みつけられた土を破って、芽を出せ。そこから見える空は、ひと次第で広くも青くもできる。生薬にしようとする試みを芸術というのかもしれない。コロナ禍の土を突き破れ!

 

晩柑 徳丸達也 .jpg

晩柑 徳丸達也 作

里の春(南阿蘇外輪)加来邦博.jpg

里の春(南阿蘇外輪) 加来邦博 作

紫陽花 田嶋京子-1.jpg

紫陽花 田嶋京子 作

上野洋子 紫陽花.jpg

紫陽花 上野洋子 作

立秋 小川逸子-1.jpg

立秋 小川逸子 作

初実り檸檬 山川典雄.jpg

初実り檸檬 山川典雄 作

巨峰とさくらんぼ 榊和男.jpg

巨峰とさくらんぼ 榊和男 作